過去の経験と今の経験のオーバーラップ

Kindleで殆んどの本が買える今、Kindleで買った本は物理的に本を所持する必要はなく、iPhoneで読める。今、Kindleで「すごい物理学講義」を読んでるが、これは過去何処かで見た光景に似てる。そう、68kMacでHYPER Cardで提供された、電子本「ギアナヨーガ」(ボエジャー出版?)だ。おそらくCDからMacにインストールして、スタンダーローンで読んでた。でも、Newtonで読めなかったのが残念。M10にしても、沈胴Summicron50mmF2Mで撮るお作法はM3となんら変わらない。M型システムといい、電子本といい、本質が変わってないモノがあるなー

広告
カテゴリー: iPhone, Mac | コメントをどうぞ

月と太陽

性懲りも無く、またダルバート。中津の月と太陽。バスマチライス、チキンカレー、ダル、アチャールを混ぜて、10種類のダルカリ(おかず)でいただく。おかずは、肉、小松菜、豆、ブロッコリー、南瓜、いんげん豆、干し草、じゃがいも、人参、大根、玉ねぎ。11種類ある?ちょっと量が多い。お腹パンパン。
HUAWEI P20Pro
nfd

カテゴリー: | コメントをどうぞ

ダルバート食堂

逆瀬川のサンチャイと肩を並べる店を発掘した。谷町4丁と谷町6丁目の間にあるダルバート食堂だ。男性はネパール人だが、女性は日本人だった。メニューを見ると「タカリ」という言葉が出てくるが、ネパールで一番美味しいとされるタカリ族スタイルのダルバートのことをタカリダルバートというらしい。そこで自分も、タカリダルバートのタカリ骨付き山羊肉1500円を食べてみた。骨付き山羊肉は、食べにくいが、骨の際の肉が筋肉質で美味しい。他の惣菜は、青菜の炒めもの、南瓜と豆の和え物、じゃがいも・人参・キャベツのサラダ、漬物、干草の和え物、トマトペースト、サラダ、ヨーグルト、そしてダル。まずご飯にダルをかける。ここにおかずを混ぜて頂く。漬物、干草、トマトは酸味が効いてる。じゃがいもサラダは、薄味のポテトサラダだ。豆と南瓜も同様。ダルは粒が濾されて細かくなってた。これらの味の違いをうまく使い分けて、味変で食べていく。どれもご飯に良く合って、美味しい♡
HUAWEI P20Pro
nfd

カテゴリー: | コメントをどうぞ

野菜料理の店 その2

その後も野菜料理の店で食べ続けている。でも、そろそろネタ切れで困っている。

①華洋熙 润捷店(中国 蘇州) 野菜惣菜3品とご飯 314円
②新城花園酒店(中国 蘇州)朝食バイキングで、蒸し野菜や麺・お粥を頂きました
③あんカフェ(神戸三宮)限定あんランチ 1080円
④ひなび(岡本) 日替わりランチ 1000円
⑤天然食堂かふぅ(四ツ橋) 薬膳スープセット 1620円

ひなび 日替わりランチ HUAWEI P20Pro
mde

華洋熙 润捷店 野菜惣菜3品とご飯 iPhone X
IMG_7852

カテゴリー: | 6件のコメント

Shanling M0 vs P20Pro

今日はM0を立ち上げたが、早速、色々と失敗。

■microSDの挿入の向きがわからない
説明書には「所定の向きで」としか書かれておらず、困った。webで調べたら、eイヤホンの記事に書かれてた。M0を裏向けて置いて、microSDの表(端子の見えない方)を上にして挿入する。
■操作がしにくく誤動作頻発
①電源を入れた最初の画面は言語設定だが、日本語に設定したつもりが韓国語になってしまった。すると全ての文字が意味がわからなくなるので、日本語に戻すのに手間取った。
②WH1000XM2とペアリングする時、一生懸命にWH1000XM2を押すのだが、なかなか反応してくれない。
■ケーブルでM0に接続したら、音が大きすぎてボリュームが効かなくなった
設定していないのに、なぜか設定で出力先選択するがLOになっていた。POにしたら音量が正常になり、ボリュームが使えるようになった。

以上、色々と格闘してしまったが、なんとか落ち着いた。

最後に、P20ProとLDACで聴き比べてみた。ソースは192kHz/24bitのホテルカリホルニア。ちょっと聴いたくらいでは、ほとんど違いは分からなかった。LDACは96kHz/24bitに変換してしまうので、次はM0で、LDACとケーブル接続とを聴き比べてみたい。

D-LUX (typ 109)
L1020181

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

Shanling M0

2012年6月にHDオーディオのDACとヘッドアンプを約20万円で購入している。それから6年が経った。以来、HDオーディオは、ポータブルに限らず様々な製品が開発され目覚ましく進化した。DACも進化したが、Blutoothのコーデックも進化した。その結果、M0というとんでもない製品が登場することになる。
■まず価格。約14000円。6年前と比べると1/10以下。音楽プレーヤの部分をiPhoneで実現してたことを考えると1/20以下かも。
■次に大きさ。比べるまでもなく圧倒的に小さい、軽い。なんせ、ポケットにスッポリ入ってしまう。
■そして性能。DACは32bit384kHz。BluetoothのLDACも搭載する。6年前の上記の製品にはLDACは実装されてないし、DACは24bit96kHz。それでも、当時は驚異的だった。もちろん今でも音楽ソースの実態を踏まえると(未だそんなにリッチなソースはない)、音質は遜色ない。というか、音質だけなら6年前の製品も未だ現役。しかし大きい、Bluetoothが使えないというのは、すっかり時代遅れになってしまった。

最近BOSEのワイヤレスイヤホンを買ったが、コーデックはSBCとAACのみ。LDACで使えるワイヤレスヘッドホン(イヤホン)は持っていない。HUAWEI P20ProはLDACをサポートしている。32bit384kHzのDACも内蔵しているが、USBとイヤホンジャックの変換プラグの特性が律速して、高域がカットされてしまう。

ここまで書けば、このブログの読者ならもうお気づきだろうが、Shanling M0とLDAC対応ヘッドホンWH-1000XM2を衝動買いすることになる。きっかけは、日本橋で256GBのmicroSDカードが1万円以下で購入できたこと。さすが日本橋だ。

ということで、今日は購入の報告まで。視聴結果は後日改めて投稿する。乞うご期待。

P.S.
Shanling M0を買うにあたって、こちらの記事を参考にしたが、
http://bisonicr.ldblog.jp/archives/55703064.html
記事を見てるうちに、SE535LTDに使われてるケーブルとイヤーピースが欲しくなり、買ってしまった。案外と安かった。

カテゴリー: 音楽 | コメントをどうぞ

野菜料理の店

痛風になってしまったので、この夏休みは野菜だけのメニューがある店を開拓することにした。muguetは厳密には肉料理が一品出てしまう。

①なつめ(住吉)薬膳粥セット1200円
②すぎな農園(板宿)大豆バーグランチ1300円
③fika(武庫之荘、塚口)酵素玄米菜食ランチ1100円
④五穀(伊丹昆陽池)釜炊き五穀ごはんセット、焼き野菜1144円
⑤サンマルコ(三番街)夏野菜カレー780円
⑥むすび食堂(甲南山手)一汁三菜定食、珈琲980円

⑦GALLERY+CAFE muguet(逆瀬川)本日のランチ1300円
⑧ひのき(王子公園)セイロ蒸し昼定食 ②季節の野菜づくし(20品目)980円
⑨玄米ハウスひろ作(新梅田食道街)玄米定食(自然農法野菜)850円

むすび食堂 一汁三菜定食 HUAWEI P20Pro
oznor

カテゴリー: | 3件のコメント