Uber Eats

 新型コロナウィルスのせいで、まず食べることで不自由している。レストランで食べれない、電車で移動できない。テイクアウトに頼らざるを得ないが、家から片道30分近くかかるとこばかり。テイクアウトをいくつか利用してみたが、それももう限界。それで、配達を思いついた。かつて、出前館(だったと思う)でドミノピザやクワンチャイから配達してもらって食べてるが、通常の店は候補に出てこない。今朝、google検索して、Uber Eatsがあるのを知った。なんとなくは聞いてたが忘れてた。Uber Eatsでは、出前館では出てこない普通のレストランが出てくる。おそらく、

出前館 :出前館の店は自前で配達機能を所持。出前館からは発注情報をもらうだけ。
Uber Eats:自前で配達機能を持たないレストランが、Uberに配達を依頼する。

の違いだと思う。
 早速試してみた。阪神西宮駅の南約1kmのところにある「大衆食堂はる」。注文したのは、ドライカレーと惣菜セット。総額1910円で、うち250円が配送手数料。阪神西宮駅までバスで行くと、往復440円なので、リーゾナブルと言える。
 配達が始まると、注文画面に地図が表示され、配達してるバイクが今どこを走っているかを表示してくれる。また、配達後、配達人と料理に関するアンケートがある。口コミ機能がないのだが、それを追加すれば、食べログと肩を並べるサービスになる可能性もある。

感想:
①Uber Eatsが普及すれば、飲食スペースを持たない、厨房と食料庫だけのレストランが出現するかもしれない。
②そして、その次に来るのが、配送用プラスチック容器を使用せず、料理を配送専用容器で運んで、発注者に自宅の器に料理を移してもらうという、地球に優しいサービスだろう。何が言いたいかというと、コンビニやスーパーや弁当屋や惣菜屋には実現できない付加価値なのだ。Uber Eatsと契約するレストランとUber Eatsの両者が、こういう意識を持つことが要となるであろう。

カテゴリー: | コメントをどうぞ

衝動買い

 新型コロナウイルス対策で、在宅勤務が続く。当分、出社はなさそうだ。会社のノートPCで仕事をしてるが、我が家には外付け拡張モニターなるものがない。通常の作業ではなんとかなるのだが、zoomやTeamsで会議をするとなると、途端に2画面ないと上手く操作できない(本当はやり方があるのだろうが、2画面あるに越したことはない)。そこで、4K液晶モニターを検討していた。
 うちのノートパソコンは、MacBookPro 15inch(Retina)が1台、Windows PCが2台。外付け拡張モニターを使う可能性のあるのは、MacBookPro 15inch(Retina)のみ。写真や映画を4Kで観たいからだ。ところが、うちのMacBookProは、2012年8月の製品なので、外付けモニターには最大2,560 × 1,600ピクセルまでしか表示できない。
 色々悩んで、4K液晶モニター以外に、AppleTV 4Kを買うことにした。また、音はDolby Atmosに対応しているスピーカーを購入。結局、液晶モニター、AppleTV、スピーカーで、約107,000円の衝動買いとなった。今まで、BoseのCompanion5を使ってきたが、いよいよ手放すことになりそうだ。

■4K液晶モニター LG 24UD58-B
ヨドバシ.comで買おうとしたが、品切れで、次の入荷は5月末。使いたい時期は、5/7以降なので、この納期はNG。価格コムに挙がってる通販も調べたが、どこも品切れ。そんな中、webで検索してて、パソコン工房を見つけることができた。製品番号で各店舗の在庫状況が一覧できる。そして、松山店に在庫発見。早速代引きで送ってもらうことにした。送料手数料込みで、36000円以下。ヨドバシ.comよりも安い!

■AppleTV 4K (64GB)
MacBookProをモニターに直に繋いでしまうと、4K動画の再生はできないが、AirPlayでAppleTVに接続すればたぶん再生できるだろう、と高をくくって買ってみた。最悪はBluRay4Kを諦めるつもりだが、DIGAが老朽化してるので、4K DIGAを買うかもしれない。さすがにAirPlayでも、写真は4Kで表示できない(おそらく2560×1600)と思うが、その時は写真をiCloudで共有して、AppleTVで表示させればいいと思ってる。

■スピーカー SONY HT-X9000F [ホームシアターシステム サウンドバー]
Appleのホームページの、AppleTVの特徴のなかでDolby Atmosスピーカーが出てくるが、外観だけから、おそらくこれやろう、と判断して買うことにした。

HUAWEI P30PRO
IMG_20200503_163802

カテゴリー: Mac, 写真, 映画 | コメントをどうぞ

生しらす丼

 2018年5月に、「生しらす丼」について書いたが、2019年6月に美味しい「生しらす丼」に出会ってる。そのことは書いたつもりでいたが、書いてなかったので書いておく。
 未だ食べたことのない料理を開拓しようと思い、アジア、郷土料理などのキーワードで検索してて、玉葱丸々1個の揚げ出しが目に止まった。これは食べたことない。店は淡路島の渡船食堂だ。三宮10:00発のバスで大磯港10:50着。バス停から店までは徒歩3分。11:40大磯港発12:28三宮着。往復バス代1670円也。

生しらすたっぷり丼 セット
揚げ出し玉葱
計1600円

 生しらす丼は、生しらすが柑橘類の果汁で和えてある。この柑橘系の果汁がいい仕事をしてて、調味料無しで、臭み苦味がない生しらすの旨味だけが味わえる。今まで食べた生しらす丼の中でダントツに旨い!生しらす入りかき玉子汁の味は普通だったので、セットじゃなくて単品でよかった。玉葱には店員が汁をかけてくれる。サクサクに揚がってて、玉葱が甘くて最高♡

HAUWEI P30Pro
IMG_20190616_105853IMG_20190616_105755

カテゴリー: | コメントをどうぞ

新型コロナウイルス

映画「コンテイジョン」をご覧になっただろうか?最後の感染経路のなぞ解きや、ライブカメラによる接触感染のなぞ解きが不気味。今起きていることを、この映画と照らし合わせて考えると、ワクチンの接種が急務だと感じます。すでに2種類のワクチンが開発されたようです。臨床試験の期間が必要とされてますが、すっとばして、陰性の人で臨床試験して、新型コロナウイルスの拡大を防いでほしい。

カテゴリー: その他 | 1件のコメント

台湾のお粥

  散髪屋でパーマを当ててる時、見てたSAVVYで、「大阪、京都、神戸で楽しむ 台湾」という特集が組まれてた。この中で、見た目で際立ってた「時光舎」で、「八方美人粥セット」を食べた。記事の写真どおり黒いお粥が出てきた。中身は黒米・雑穀・豆。非常に健康的な感じ。おかずも、よだれどりと玉子以外は植物性で、痩せそうな感じ。
  2010年5月に台湾に遊びに行ってるが、その時「台湾の女性は、朝はお粥を食べてるので、太った人はいない」という話だった。
  実は、お粥を食べた次の日、体重が1kg減っていた。
HUAWEI P30Pro
IMG_20200215_115340

カテゴリー: | コメントをどうぞ

甲東梅林

  関西学院大学校門前の「きりん寺」の油そばが気になってて、食べに行った。太麺の噛み応えと、甘い出汁と、卵黄のコクが絶妙に調和していて美味しい♡麺の量が心持ち少なめなので、腹八分で自分には丁度良かった。
  実は、この店に入る30分前に、甲東梅林で梅を撮った。2/11だったが、紅梅は満開だった。梅の撮影は、満開ではなく咲き始めが良い。蕾をワキ、花をシテとして撮るわけである。今回、P30Proのsuper macro modeで撮ったが、一眼レフの100mmの接写と違い、被写体に非常に近づく(3cmくらい)撮影となり、勝手がわからず難しかった。
HUAWEI P30Pro super macro mode
IMG_20200211_101513
HUAWEI P30Pro super macro mode
IMG_20200211_104600

カテゴリー: , 写真 | コメントをどうぞ

邪馬台国ふたたび

以前に「邪馬台国について訂正」で、

糸島半島→不弥国 東へ陸行200里     相対距離的に福岡市あたり
不弥国→邪馬台国 南へ水行・陸路1300里 相対距離的に佐賀市あたり

と書いたが、計算しなおしたら、佐賀市ではなく、宮崎県の高千穂もしくは日向市あたりになる。古事記の「国譲り」の天孫降臨で登場する場所だ。そして、宮崎県は巨大古墳が多い。また、魏志倭人伝は草書体で書かれているので、写本する際に「東」と「南」が区別できなくて誤写したという説は、「東」と「南」の草書体を見ればハッキリ区別できることから、明らかにありえないので、邪馬台国が福井にあったという説は成立しない。

何が見つかれば、史実が証明できるかが鍵だと思うのだが、それをわかっている人が不在なような気がする。

カテゴリー: 卑弥呼 | コメントをどうぞ